So-net無料ブログ作成
検索選択

小保方リーダー会見 STAP細胞じっくりと! [ニュ-ス]


 
STAP細胞論文の問題で、小保方リーダーが会見を開いた。

小保方会見.jpg
http://cocologsatoko.cocolog-nifty.com/blog/2014/0...

そこで、小保方リーダーは一連の騒動を「自分の不注意、不勉強」と謝罪。そのうえで、指摘された「改ざん」や「捏造」ではなく、悪意のない意図しないミスであったと発言。

そして一番のポイントともいえるSTAP細胞については、明確にその存在を語った。


このことで、いろいろな見方があるようで、会見についても多くのコメントがある。

まず擁護派のコメントのいくつか。
手続きうんぬんよりも、STAP細胞の存在の有無が問題のはず。 弱い者(若年研究者)いじめだ。理研の構造的問題だ。 歴史的大発見かもしれないのに、その芽を摘むようなことをするな。等々。


どちらかといえば、大発見の可能性を重要視し、それに比べれば手続き上のミスは小さいということのようだ。

中には地動説を唱えて迫害されながらも、「それでも地球は動く」といったガリレオに例えたものさえある。


一方で、批判的な意見も多いようだ。
「改ざん」「捏造」といわれても仕方が無い、信じられないようなあるまじきミス。 研究者が、こんな初歩的なミスをするだろうか。 共同研究者も疑問を投げかけている。等々。


こちらは、こんなミスをするようでは、STAP細胞の存在自体が信用できないということだろう。


小保方地動説.jpg
http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/fab775014277...


ただ、どちらのコメントも何となくイマイチ歯切れが悪いように感じる。それは言うまでも無く、小保方リーダーが多くの疑問に答えていないからだ。

いや、それは心身共に疲労困憊であって、すぐに答を要求するのは無理ではないか、そんな声もある。

事実、小保方リーダーは少し時間がほしいと言っているようだ。ある意味、パニックに陥ってるのかも知れない。


小保方リーダーには、多くの疑問に答え、さらにはSTAP細胞の再現実験もやっていただきたい。そのためには、少し休養の時間もとってあげてもいいのではないか。

その後に、最終的な評価をしても遅くは無い、そんな気がする。もし、STAP細胞の存在が本当だったら、それこそ歴史的大事件なのだから。



スポンサーリンク
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。