So-net無料ブログ作成
検索選択

改正テロ資金提供処罰法が成立 強烈なインパクト!   [ニュ-ス]


 
 
テロリストへの資金提供だけでなく、テロの実行に有益な情報や物品などの提供も処罰の対象に加えた「改正テロ資金提供処罰法」が、14日の参議院本会議で賛成多数で可決され成立しました。

「改正テロ資金提供処罰法」は、アルジェリアで起きた人質事件などを踏まえて、国際社会と連携したテロ対策の強化を図るもので、14日の参議院本会議で、各党などの賛成多数で可決され成立しました。

「犯罪収益移転防止法改正案」と「テロ資金凍結法案」も週明けに参院委員会可決、翌日に本会議可決成立、20日前後に施行の見通し。これで、テロ対策の重要な3法がそろうことになる。』 (引用)

 安倍総理.jpg
 http://blogs.yahoo.co.jp/yoshimizushrine/62186095..

さてこのニュ-スは、どのように報道されたか。
それが、衆院解散風報道によって、まったくといっていいほど、マスコミは取り上げていない。


そこで、いろんな憶測を呼んでいるようだ。
なぜ、憶測を呼ぶのか。

それは、共産党や社民党支持者にとって都合が悪いばかりか、民主党の一部議員にとっても困るからに他ならない。大方のマスコミにとっても、同じこと。鳩山・菅元総理だって、まずい法案らしいから。

いいかえれば、反対する顔ぶれを見れば、いかに日本のために必要な法案かわかるというもの。

 菅総理.jpg
http://www.kantei.go.jp/jp/kan/actions/201105/6KAI..


マスコミは、そちらには触れずに「衆院解散風」を大々的に報じている。この解散風、もともとおかしい感じ。だって、総理の留守中に勝手に盛り上がっているし。突然ふって沸いたような、違和感があるし。


少し前の「うちわ問題で法相辞任」っていうのがあったけれど、あれも関係あるって声もあるようだ。

この法案は法務委員会で審議されてたんだけど、反対派は「うちわ問題」で審議不充分にし廃案に持ち込むための”審議妨害作戦”じゃなかったかって。

でも安倍総理が、あっさり法相を交代させたので、”審議妨害作戦”は失敗。法案はめでたく成立ということらしい。

どこまでが本当かわからないけど、こんな話がでるくらい、この法案はインパクトが強烈ということのようだ。

これは、日本のために実にいい仕事をしたというべき。




スポンサーリンク
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。