So-net無料ブログ作成
検索選択

イスラム 国  日本人人質事件 政権批判高まる! [ニュ-ス]


 
イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」が日本人の人質2人に対する殺害予告を行った事件で、人質である後藤健二氏が、もう1人の人質である湯川遥菜氏について、「すでに殺害された」と語る動画がネット上で同日に公開された。・・・・
(引用)

一人.jpg
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2403043.h..

こ数日間というもの、この人質事件で緊張している。当然ながら、いろんな立場の人間の、いろんな意見があふれている。

最初の頃は、まだ自重気味というか様子見の様相が多く見られた。しかしながら、時間がたつにつれて、いらだたしさも募ってか、その論調は少し変わった面が見られるようになった気がする。

すなわち、安倍総理の対する露骨な政権批判である。それも国会周辺から。


いわく「安倍総理が、この事件の原因を作った。安倍総理の責任だ」の声。
「安倍総理は退陣しろ。それが人質救出の唯一の道」これは元防衛省幹部。

「政府はなにをしていたんだ。国会で追及する」これは野党第一党の議員の声。
「安倍総理は最低の指導者」これは共産党の一年生女性議員。

「難民支援はやめて、身代金を払え」これは生活~の山本議員。
その他、国会議員およびその周辺から聞こえるのだ。

 総理.jpg
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CO.


しかしながらである。今この時点で政権を批判することが、自党の支持につながると思っているのだろうか。

内容が内容なのである。それも、テロ集団からの一方的な言いがかり事件である。誰が総理でも、どの党が与党でも実に難題なのだ。

日本の危機であり、国家の危機なのである。その時こそ国会議員の、いやその時のための国会議員のはずなのだ。

これを、政権批判のチャンス、自党PRのチャンスと捉えたのなら、国民との乖離は深刻と思う。いずれ、この乖離は、必ず跳ね返ってくる。

この事件は、別の意味で、各政党や議員の姿をあぶりだしたようだ。





スポンサーリンク
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。