So-net無料ブログ作成
検索選択

女子W杯 準決勝 オウンゴ-ルは、生まれるべくして生まれた!! [スポ-ツ]


 
サッカー女子ワールドカップ(W杯)準決勝で、日本はイングランドを2−1で降し、決勝に進出した。

その決勝点が、イングランドのオウンゴ-ルという、誰もが予想しなかった結果だったことで、いろいろな声が上がっている。

イングランドの得点者ウィリアムズが日本の決勝点は「マグレのゴール」と語った。悔しさがあふれている。

ほかにも「ラッキ-」「日本は運が良かっただけ」「イングランドは、不運だった」など、日本の勝利は偶然の所産という評価が多い。

でも、よく見てみれば、勝つべくして勝ったというべき試合だったと思う。
以下、時系列に追ってみる。




<試合前の佐々木監督の発言>

「暑いほうが有利」「パス回しと縦ポンを繰り返す戦術で相手を疲れさせ、終盤で勝負を決める」

これは、一つ前のオ-ストラリア戦でも効果を発揮。後半になって、オ-ストラリアの選手は、相当にバテていた。逆にいえば、日本選手の体力とモチベ-ションに、信頼があったこそといえる。



<川澄自身の、クロスについての発言>

「守備ラインとGKの間に速いクロスを通せば、相手が触ってコーナーキックか、味方が触るか。あわよくばああいう形(オウンゴール)になると思った」

川澄の動きに連動するように、大儀見と岩渕がゴール前へ。そこで、すかさず中央へクロスを入れた。川澄の予想通り、バセットがクリアしようとしたボールはクロスバーに当たってゴールインした。



<大儀見の発言>

「必然の結果」「相手がボ-ルに触れていなければ、自分が触れていた(ゴ-ルしていた)」



<試合後の佐々木監督の発言>
  
「オウンゴールについては選手を気の毒に思いますが、大儀見優季が直ぐに後ろにいてボールへ飛びつく準備ができていましたから、何にしろ結果は変わらなかったかと。

自分たちで得点機会を作り出すことができた。私にとっては、オウンゴールというよりも、川澄奈穂美と大儀見のゴール。」

オウンゴ-ルがなくても、日本が決めていた可能性が高いということです。



<バセット選手の、実際のところを想像してみると・・>

時間も押し迫って、体は疲労困憊。でも、絶対に負けられない。もう少し、もう少しの時間だ。

あっ、日本選手が二人、飛び込んできた。クロスをゴ-ルする気だな。
ここで止めなきゃ、ゴ-ルされてしまう。絶対にクリアしなければ。

それっジャンプ! なんだ、体が動かない。どうしたどうした?
あっボ-ルが・・・・・。

 

「ラッキ-」「日本は運が良かっただけ」ではない、生まれるべくして生まれたオウンゴ-ルだった、そんな印象だ。 
 


スポンサーリンク
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。