So-net無料ブログ作成
ソチオリンピック ブログトップ

浅田真央 引退 それとも現役続行 その胸の内? [ソチオリンピック]

浅田真央の今後について、何かと騒がしい。

それは、ソチからの帰国会見でのコメントによるところが大きい。

現役続行か引退かと質問されて「今はハ-フアンドハ-フ(五分五分)」と語った。

ソチ大会が集大成と言いっていただけに、びっくりした向きも多かったはず。



ぜひ現役を続けて欲しい、まだまだやれる、まだ若いし、なんて。

一方で、もう静かにしてやったら、自分の生活を楽しんで下さい、とか。


はたまた、TV界やスケ-ト連盟は次のスタ-選手がいないので、続行を

望んでいるらしい、とか。

本人は、はっきりと引退を表明していなかったはずだ、周囲の人達の思惑

が大きく影響している。なんていろいろ言われている。



ここで、胸のうちを想像をしてみる。


今回、もしメダルをとっていたとしたら、どうだったろうか。

少なくとも、もっとはっきりと表明できたのではないか。

「メダルの約束も果たせましたし、個人的にも最高の演技ができました。」

「なので、集大成としてきたこの大会を最後に引退します。」あるいは、

「なので、より高い次元を目指して現役を続行することにします。」なんて。



今回のSPとフリ-の内容の差。それは、「最悪からの巻き返し、真の強さを

見た」等々多くの感動を与えた。でも、浅田真央本人には、違った感じ方が

あったと思う。


一つは、心の切り替えを実現できたことに対する、新しい発見である。

言い換えれば、試練のあとで「開眼」したのである。

そしてもう一つは、新しく「開眼」した以上、もう一度メダルに挑戦して、国民

との約束を果たしたいという、次の目標、ソチ後の目標ができたことである。

それを試さずして、現役を引退できようか。自分自身、それで後悔しないのか。

キムヨナが引退を表明した今、別の意味の挑戦意欲が沸いているのだ。


かくて、周囲のざわめきとは無関係に、浅田真央の心の変遷は続くことになる。

どちらになっても、国民は応援するのではないか、そう思います。



再審査 署名運動 キムヨナ銀メダルの理由 [ソチオリンピック]

キムヨナの金メダルを信じて疑わなかった韓国民。

それが銀メダルだったから、我慢できない。

なにより金ダルを取ったのが、ロシアのアデリナ・ソトニコワだったことで、

収まらない。これは、きっと開催地のロシアびいきの判定のせいだと反発。

それが、国際スケート連盟に判定の調査と再審査を求める署名運動となり、

21日午後時点で100万人を超えたそうな。



これに対して、多くの批判が寄せられている。

内容は、大まかに見て、3種類に分けられるようだ。


①フィギアの採点基準に詳しい、プロの目(一番納得した)

 この方々は、特に演技構成の差をあげ、リスクは覚悟のうえで難しい技に

 挑戦したソトニコワが上だったと解説。 反対にキムヨナは、無難にまとめた

 という感じで、全体的に切れが悪かったと言っている。


 演技構成というのは、たとえば同じ3回転ジャンプでも、前半に飛ぶのと、

 疲れてくる後半に飛ぶのとでは、後半の方が得点が高い。

 連続ジャンプならなおさら。ただし、疲労からくる失敗のリスクが高まる。

 これは、NHK(確か)で羽生結弦の金メダル作戦をコ-チ(たぶん)が解説

 していたので詳しく知った。

 パトリック・チャンとは、この演技構成の内容で勝ったとも言えるとの解説

 だった。大いに納得したしだい。

  
②開催地の利。特にプ-チン大統領のロシアを勝たせろ的発言。

 地の利を否定する人はないようである。しかし、である。それが、不正の

 レベルとは思えない。


③韓国国民の「キムヨナが負けるはずが無い」という盲目的確信

 これには、ブ-メラン現象のごときである。そんなこというなら、過去の

 キムヨナの異常な高得点疑惑はどうなんだ、って次第。

 この内容が批判の中核みたい。審判に従わないなら、参加するな、とか。

 また始まったっていうのが、率直な印象の人多数。



もし「浅田真央がSPの調子が悪かったのは、会場のせいだ。もう一回、

演技をやり直せ」といって、日本人が署名運動をしたらどうなるか。

浅田本人が傷つくだろう。その意味で、キムヨナが可愛そうな気がする。



キムヨナ本人は「偏った判定の話が出るたびに、私より周囲の人が怒って

いる。私はうまく滑れたことに満足していて、何も未練はない」と語っている。

「結果は結果」として受け入れているのだから。



周囲のかしましさに比べて、出場したキムヨナ自身が、自身の銀メダルの

理由を一番理解しているのではないか。そう思う。


森元首相 失言 浅田真央をこきおろす [ソチオリンピック]

森元総理の福岡の講演での発言が、問題になっている。

政治ではない、フィギュアスケートに対する発言だ。当然、失言で

問題視されている。

なんたって、内容が悪すぎる。何のためなのか、という感じ。


森元総理は、浅田真央選手のショートプログラムの演技について、

「あの子、大事なときには必ず転ぶんですよね。

団体戦、負けるとわかっている団体戦に何も浅田さんを出して、

恥かかせることなかったと思うんですよね」「見事にひっくり返った」・・・

  
また、アイスダンスのキャシー・リード、クリス・リード組に関しても、

五輪出場の実力はなかった。・・・



全くの意味不明、だれのためにこんな発言をしたのか。

なんたって、選手のためにならない。激励でも、叱咤でもない。

聞くものの、やる気をなくさせ、ましてやフリ-で巻き返そうと

努力している選手に冷や水。


NHKの会長や、総理補佐官の発言とも全く意味が違う。

思想的なものの場合は、反対もあるが、当然ながら同意する

人も、ある割合で必ず存在する。


森元総理の場合は、全く何もない。

まだ後半のフリ-の演技が残っているのに、まるで負けと

決め込んでいる。これでは、利敵行為の如しではないか。


森元総理はスポ-ト選手を、まるで選挙の駒のようにみている。

政治家の発想は、時にスポ-ツ選手のやる気を奪うようだ。

スポ-ツの感動と、選挙の当選の喜びとは、別次元のはずだ。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

浅田真央 ”ダブル金メダル”の期待 羽生に続け!!    [ソチオリンピック]

なかなかメダルに縁遠かった日本選手だが、こに来て、スノ-ボ-ド、ノルディック複合、そしてフィギア男子の金と、連日メダルを獲得している。

特に、羽生選手が金メダルを取ったことで、一気に盛り上がってきた。これまでもやもやしていたものが、やっと晴れてきた感じだ。

これからも、ジャンプのラ-ジヒルと団体、ノルディック複合のラ-ジヒルと団体など、期待の高い競技が続く。どの選手も、モチベ-ションが急上昇したのではないか。


これからの競技で、特に前評判の高いメダル候補といえば、女子フィギアだろう。これが男子チ-ムの好成績に、刺激されないはずはない。

今回の男子チ-ムを振り返ると、金メダルをとり、また全員6位内入賞を果たした。男子チ-ムは、先回大会での全員入賞に続くもので、今なお層の厚さを示している。

さて、今度は女子チ-ムの番だ。いやでも期待が高まる 金メダルの期待の第一は、なんといっても浅田真央選手。先回は、涙の銀だった。ほかの選手にも、当然ながらメダルの可能性は大である。

「羽生の金、浅田も金」こんな”ダブル金”を夢見てもおかしくはない。


最大のライバルといわれてきたのが、韓国のキムヨナ選手。先回の金メダリスト。一方で、新しい強力な選手も現れてきた。開催国ロシアの若干15歳のユリア・リプニツカヤ選手。

ユリア・リプニツカヤ選手は衝撃的な登場で、先日の団体戦でロシアを優勝に導いたといわれる。若干15歳といえば、浅田選手が登場したときと同じ。当時の浅田選手は、やはり衝撃的登場だったのだ。


女子チ-ムは、先回の大会で、銀メダルそして全員6位内入賞だった。今大会も、激戦の国内予選を勝ち上がってきた代表選手たちの実力は十分だ。

鈴木明子選手は、「スケート人生の集大成として精いっぱい滑る」五輪初出場となる村上佳菜子選手は「怖がらず自信を持って臨みたい」そんな力強いコメントをした。


女子フィギアの選手のみなさん、悔い無き演技をして、皆を感動させて下さい。
 

タグ:浅田真央 ソチ 金メダル 可能性 鈴木明子 村上佳菜子 メダル 浅田真央 キムヨナ ユリア・リプニツカヤ 浅田真央 羽生結弦 ダブル金メダル
2014-02-15 19:59  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

羽生結弦 ソチ 金メダル獲得! 国民の祈り結集 !  [ソチオリンピック]

羽生結弦選手がついに金メダル、待望の金だ!!

一時は無理かなとも思ったが、ついにやってくれました。おめでとう!!



ソチ五輪フィギュアスケート男子SPは、羽生結弦が史上最高得点となる101.45点で首位に立っていた。
 
当然ながら、待望の日本選手金メダル第一号の期待が、一気に高まった。

なんたって、その完璧な滑りは、見るものにさらなる期待をさせる。ほんとにそんな感じ。


しかしながら、2位のパトリック チャンとの点差は、そんなに大きくないので、羽生選手が安全圏というわけではなかった。

一つのジャンプの失敗で、順位が変わってしまう位の僅差なのだから。



朝のテレビ解説には、トリノ大会の金メダリスト荒川静香さんが出演していた。

「どうすれば、金メダルを取れますか?」という司会者の質問に対して、

「ミスですね。ミスしないことですね。」 この言葉の繰り返し。



ここで、荒川静香さんが「羽生選手のフリーの順番は、自分がトリノ五輪で金メダルを獲得した時と同じ21番目」とその偶然さを語った。

またSP2位のパトリック チャンが22番目であることについて、「先に滑った方が後に滑る選手よりもいい精神状態で臨める」と続け、羽生に追い風であるとした。

運も味方しているようだと言いたかったようだ。

 

強気の攻めとノ-ミスの完璧さが求められるフリ-。

夜半からのテレビ視聴率は、多くの日本国民を釘付けにしたはずだ。

そこでみんな祈っただろう。「羽生よ、ミスだけはしないでくれ!」



そしていよいよ羽生選手のフリ-、痛恨のミスが出て冷や冷やだった。

「やっぱり金はだめか・・・。」

しかししかしである。運があったのか、パトリック チャンにもミスが出てしまった。



大健闘の金メダル。国民の祈りを結集して、新チャンピョンの誕生だ!!


タグ:羽生結弦 金メダル ソチ 羽生結弦 史上最高得点 SP 荒川静香 羽生結弦
2014-02-15 00:05  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

アンビリバボー 今日は「あんぐりバボー」選手は罵声に負けるな!! [ソチオリンピック]

多くのアンビリバボ-なニュ-スで、楽しませてくれるこの番組。

きょうは、「あんぐりバボ-」という内容で、 見てビックリ!あんぐりバボーな人間が続々登場した。

ヘ~と、感心してみていると、ラストではソチオリンピックにちなんで、ウィンタースポーツのあんぐりバボーな瞬間を集めて紹介していた。


「お尻が丸出しになってしまったボブスレー選手」

「ショートトラックでまさかまさかの珍事で決まった金メダル」

「長野五輪スキー男子滑降で大転倒するもその3日後金メダルを取った不死身の男」

などなど。


どれも、笑いあり感動ありで、なんともいい気分になった。


「ショートトラックでまさかまさかの珍事で決まった金メダル」などは、これまでも、いろいろな番組で紹介されていたので、よく知っていた。

決勝で、最後尾を滑っていた選手が、前を滑っていた3人全員が転倒したために、優勝してしまったという実話である。

その後、オ-ストラリアでは「漁夫の利を得る」「棚ぼたの勝利」を意味する「ブラッドバリー(した)」("doing a Bradbury")という言葉がうまれたそうな。

ブラッドバリーとは、この選手の名前からきている。



でも、”単なるラッッキ-”というのではなく、これまで努力してきたからこそ、勝利の女神が微笑んだようにも感じた。

そう、スポ-ツの世界で、それらがほほえましく見えるのは、皆本気で競技しているからに違いない。



今まさに展開されているソチオリンピック。いま日本で、ある種の発言が選手たちを困惑させている。

高梨沙羅選手のメダルなしや負けた選手に対する、「税金泥棒」なんて罵声を浴びせる輩がいるそうな。


もちろん結果も大事、でもその前の頑張りが見えなくなったら、悲惨なオリンピックになってしまうのでは。

国威発揚だけの手段(駒)に使われたら、選手はやってる意味無いじゃん。

メダルの数で一流国をめざせというなら、その前に選手が気持ちよく競技できるような「応援でも一流国」を目指したらどうか。そして、これは国民の問題だろう。

こんな時だからこそ、「勝利の女神が微笑んだようなあり得ない話」に、いい気分にさせられるのかも。 


タグ:奇跡体験!アンビリバボー スポ-ツ 奇跡体験!アンビリバボー あんぐりバボー ソチ 税金泥棒
2014-02-13 21:36  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

高梨沙羅 メダル逃すも言い訳せず そして原田雅彦の愛情 [ソチオリンピック]

金メダル確実との前評判の高かった女子ジャンプの高梨沙羅選手が、4位に終わった。

これについて、原因探し、果ては犯人探しのような報道まである。

私が一番感動した報道は、NHKの番組での原田雅彦元選手の解説。

あの「失敗ジャンプ」の、原田雅彦氏である。


 
原田氏は「高梨選手はきっと言い訳しないだろうから僕が代わりに言い訳させてもらう」と切り出した。

そして、大きな要因は風であると語った。

いわく「高梨選手のジャンプのときだけ不利な追い風が吹いていた」ということを話していた。

その解説が、実に解りやすく、納得できるものであった。

高梨選手のジャンプについても「良かった」と語り、風という運がなかっただけと語った。

正論の解説であったが、その言葉の端はしに、高梨選手への思いやりが感じられた。



原田氏が解説者で出てきたとき、高梨選手にはよかったなと正直思った。

なぜなら、彼は目の前から金メダルが逃げていく体験をした人だ。

ジャンプ競技というものの難しさ、オリンピックというものの難しさも誰よりも知っている。

だから、今の高梨選手の気持ちと立場を一番わかる人だと思う。


原田氏はこういいたかったのだろう。

「一度くらいうまくいかなかったからといって、何も騒ぐことは無い。

そんなことは、オリンピックでは普通のこと。次の大会で、がんばっていけばいい。

私もそうやって、次のオリンピックで金メダルを取れたのだから。」



原田氏の予想通り、高梨選手は、試合後のインタビュ-で、言い訳はしなかった。

「本当に実力があれば関係はないと思うので、実力が足りなかったのだと思います」

そして、これまで応援してくれた人々に、感謝の言葉を述べた。


これからも、頑張って下さい。みんな応援していますから。


タグ:高梨沙羅 メダルのがす 高梨沙羅 4位 高梨沙羅 原田雅彦 解説
2014-02-12 22:20  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

ソチ、いまだメダルなし トリノの如き空気?! [ソチオリンピック]

これは、11日朝(日本時間)の時点でのお話し。
今後の展開に期待しつつの、つぶやきならぬ、ん、やっぱり、つぶやきかな。


昨夜から行われ、メダルを期待された男子500Mで、メダルがとれなかった。先回銀の長島は、「残念です、悔しい、申し訳ない・・」そんなコメント。


ここまでの日本は、メダルなし。テレビなどは、さかんに盛り上げ期待させつつ、「残念、次の○○に期待しましょう。お疲れ様でした」の繰り返し。

期待したであろう、女子モ-グルの上村、ジャンプの葛西、スケ-ト団体戦、そして男子500の加藤・長島。さらにショ-トトラック、スノ-ボ-ド・・。

このすべてで、メダルなしとは、さすがに関係者は焦ってしまうのではないか。

ここまでみて、メダルがないということが、いかに盛り上がらないか、そんな感じがする。先の夏季ロンドン大会では、毎日メダルが増えていって、いかに日本中?が明るく元気になったことか。



ここからは、勝手な印象を、やっぱりつぶやいてみる。


選手から「チ-ムジャパン」「オ-ル日本」という言葉が、ほとんど聴かれない。選手が、精神的にも個人戦になっているのではないか。これはホント感じる。

女子モ-グルなど、怪我や負傷で2人が途中棄権? これは、なんといったらいいのか。試合会場まで行って、何とかならなかったのか、やっぱり何ともならないかな。

「オリンピックは、独特のプレッシャ-だった」というコメント。そんなのに負けるな!「絶対メダルとるぞ!」もっと、勝負にこだわったてもいいじゃん! 勝気丸出しでいいんじゃない! まだ、競技が残ってるんだし。


そこで、トリノ大会を思い出した。あの大会は、荒川静香選手の金メダルが唯一のメダルだった。それも大会の最後のほうであった。あれが無かったら、メダルなしの、全滅状態だった。今回も、何か似ているような感じ。

「元気をもらった」「勇気をもらった」「お疲れ様」だけでは、やはり見ている国民は、元気になりにくい。

ま、まだまだ大会途中だから、これからの活躍に期待しよう。ただ、後になればなるほど、選手にかかるプレッシャ-が大きくなるんだろうな。それがたとえ、女子ジャンプの高梨であれ、フィギアの羽生であれ浅田であれ・・。


この記事が、数日後には「笑い話」になればいいな。がんばれ日本!!。


タグ:ソチ メダル なし 荒川静香 トリノ 金メダル
2014-02-11 07:33  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

キムヨナ孤独 負けられぬ執念の戦い [ソチオリンピック]

キムヨナの立場を見事に表しているコメントを目にした。
いわく「団体で戦える日本は強い。韓国はキム・ヨナがいるだけだ」


 これは、フィギアスケ-トを観戦した人なら感じる、素朴な疑問だろう。団体戦には、日本はもちろんのこと、「まだまだ」の印象が強い中国でさえ出場しているのに、「フィギュア強国」のイメージが強い韓国が出場していないのである。


これは、韓国にはキムヨナしかいないという事情を端的に示している。女子も男子も、さらにはペアやアイスダンスなど世界レベルの選手がいないので、団体チ-ムが組めないのである。



あらためてキムヨナの立場を考えてみれば、キムヨナが勝つことは絶対使命になっているのかもしれない。

そうでなければ、韓国のスケ-ト協会もその存在を脅かされる。後継者不足は協会の責任だろうから。

そんな韓国のなかで、キム・ヨナがひとりで背負わされてきた「重圧」は想像をはるかに超えるものだったに違いない。

絶望的な孤独感を感じることも多かったのではないか。「恵まれた環境にいる他国の選手に、私の気持ちがわかるものか。」そんな思いまで想像してしまう。

キムヨナの判定疑惑というものも、きっと本人のあずかり知らない出来事だろう。でも、そうまでしても勝たせたい、いや負けては困ると考える人達がいるのも事実なのだろう。


対する浅田真央は8日、団体戦の女子シングルのショートプログラムに出場した。トリプルアクセルで転倒するも3位につけ、日本は総合4位でフリー種目に進出した。

演技後、浅田真央は「これがオリンピック。個人戦までには調整して、最高の演技をしたい」とコメントした。日本の報道も、全体的には好意的な感じであった。

もし、キムヨナが失敗演技をしたとき、韓国では寛大な報道をするのだろうか。キムヨナたたきが、韓国で起こりそうな気がしてならない。早くキムヨナを開放してやったら、そんな思いになる。


態度が悪いと言われようと、八百長のうわさをされようと、みんなから嫌われようと、誰がなんと言おうと、歯ぎしりしても勝たなければならないという強靭な決意をもった、孤独にして孤高のキムヨナ。

かくして、キムヨナと浅田真央の最後のオリンピック対戦が始まる。 

タグ:キムヨナ 八百長 キムヨナ 嫌われ キムヨナ 浅田真央 フィギア
2014-02-09 21:34  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

角野 8位入賞! 大健闘!! [ソチオリンピック]

期待された角野選手、決勝ではメダルはならなかったが、8位入賞と健闘した。

 
この競技自体、今回の大会で初めて採用され、そして、一番早く決勝の時間がくる。

当然ここで最初にメダルをとって、日本勢に勢いをつけたいというもくろみがあったはず。

そのメダル第1号の期待を背負っていたのは、スノーボード・スロープスタイル角野友基。

五輪初出場の、若干17歳である。


その角野選手、予選では思うようなすべりができなかったという。

しかし、準決勝からの“敗者復活戦”に臨み、ここで4位になり、決勝進出を決めた。

これだけでも、本人には相当の”戦い”だったのではないかと想像する。


素人目には、アクロバットのような競技に見えてしまう。

本当に、難しそうで、そしてぶっつけ本番。これまでのすべての苦労の結果が、ほんの数秒で決まってしまう。

でも角野選手は、各所に若さを見せつつ、また、みんなをはらはさせつつがんばった。


結果メダルはならなかったが、8位。スノ-ボ-ドでは、日本史上2人目の入賞者となった。

ソチ入賞第1号ということで、日本選手に間違いなく勢いをつけた結果だったと思う。


「スノーボードは子供の遊びと書かれた」と本人が悔しがったこの競技。

しかし、今回の角野選手の活躍で、日本でもファンが増え、さらに認知されていくのではないか。

さっそくこれから、スノ-ボ-ド人口が急増するかも。


角野選手、入賞おめでとう、お疲れ様、。

タグ:スノ-ボ-ド 角野 メダル スノ-ボ-ド 角野 入賞 角野 オリンピック入賞
2014-02-08 17:23  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
ソチオリンピック ブログトップ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
RSS RSS1.0 | RSS2.0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。